飼い犬の躾は大事

犬を飼うにおいて最も大事となるのが躾です。
犬種によっても特徴はあるのですが、子供が親の教育で変わっていくように、犬も躾によって変わってくるのです。
馬鹿犬と呼ばれる犬の話を聞くことがありますが、その「馬鹿犬」は大抵は飼い主の躾が原因でなってしまっていることが多いのです。
ペットを飼った場合は同時にその飼い始めたペットに責任を持つ権利が生まれます。
犬も例外ではありません。

躾をしっかりとせずにいた場合は飼い犬が何かしらトラブルを起こす可能性が高くなります。
もし他の人に迷惑をかけた場合にその責任は飼い主である本人に行くのです。
それだけでなく自宅でも問題行為をする場合もあり、そうなると生活をしている上でのストレスの素になってしまいます。
他人のため、何よりも自分のために躾はしっかりしっかりやっておかなければいけないのです。

しかし子供を成長させるように躾も一筋縄では行きません。
自分ではしっかりやっているつもりでも間違った仕方をしてしまったお陰で問題児ならぬ問題犬になってしまうこともあるのです。
そのため何の知識もないまま始めるのはいいことではなく、飼い犬をしつけるための知識を身に付けていかなければいけません。
では実際に飼い犬の躾をする場合にはどのように躾をしていくのがいいのでしょうか。
しかしどのような躾であっても大事なのは「愛」を込めることです。
躾は機械的な行為ではなく感情を伴ったものであるため、愛がなければ酷く薄っぺらいものとなってしまうからです。


■推薦外部リンク
飼い犬のきもちの確認や躾の方法に迷った時に参考になるサイトです → 犬のきもち